愛を少し語ろ

byKTA



以前にラジオで聞いた実話。

あるカップルがいた、二人は愛し合い
将来の結婚を誓っていたのだが
とある事情から別れる事となった
お互い好きである事は変わらないのに。

それから50年、お互いは合うことも無く
また別の愛する人を見つけ、子供ができ、孫ができ
お互いにお爺さん、お婆さんと呼ばれて不思議は無い年になった時。

50年ぶりに、ほんとに偶然に二人は出会うことができた。
涙を流し、抱き合い、お互いに思う。
「あの時別れてから、あなたを忘れたことは無かった。」と
運命のいたずらか、その時お互い、配偶者には先立たれていたそうだ


とまぁ、こんな話を聞いた。


今この話を聞いて、皆さんはどうおもっただろう。
これは二人で再婚するしか無いって思わない?

俺もはじめそう思った。でも現実は
その日出会ってから、お互いに思いをぶつけただけで
再婚することも、その後友人として付き合っていくわけでもなかったそうだ。


その話を聞いた時に、最初は不思議に思ってたのだが。
それがお互いに対する愛の形なのかなと思った。

その答えは、お互いに長い間連れ添った伴侶にも愛があるからなのだろう。

しかしこの二人の間にも確かに愛を感じた。

深い愛を。

愛の形は様々だし、同時にいくつもあっても良いものなんだなと感じた。

これは真理だと思う。

 

TOPへ

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー