三人の法則

byKTA


以前テレビで見たネタなのだが
人間には集団心理の原理が働いて
集団の場合、通常ひとりでいる状態とは違う行動をする事がある

テレビ内の実験では個室に煙を外から個室に流しこんだ場合
一人で個室に入っていると
90%以上の人が30秒以内に原因を探りにドアの外に出た。
それに対して、5名中4人には事情を話し
何があっても煙を気にしないように伝え残りの一人には
前者の場合と同じように何も伝えず同じ状況を作ると

煙が室内に流れて異常事態になっても90%以上の人が
なんと20分間もの時間煙の中で凄し、ドアの外に出ることはなかったそうだ
(※数字はうろ覚え)

テレビの内容はその後も続き
では、何人からが集団なのかと言う実験が行われた

渋谷のスクランブル交差点的な、多くの人が行き交う交差点の真ん中で
ひとりの人が何もないビルの屋上を指差して眺めている
この状況では誰も屋上を向く人はいない

これを二人で行うと・・・・・やはり誰も気にもとめない

しかし、これを3人で行うと大多数の人が何もないビルの屋上を眺めてしまう
釣られて見る人が居ることで数を増し、ほぼその交差点を通った人全員が
何もないビルの屋上を見上げると言う現象がおこった。

テレビでは状況に引きづられる事もあるが
逆に状況を作ることで集団を動かす事も出来る、と締められていたが


俺はこのテレビの実験に非常に関心をもった。
今俺自身も思うことがある。
俺一人が何をしても世間は変わらない
俺一人が何を思っても会社も変わらない

そんな風に思いながら生活をしていたり仕事をしている。

どうせ俺ひとりが頑張っても何も変わらない
それでもみんなにも変わって欲しくて一人で頑張っている時もある

しかし、3人入れば状況を
すなわち「当たり前や常識」を変える力があるとするなら
これはとても簡単な事のように思える。

仕事で、生活で、もっとこうすれば皆が楽しくなるのに、楽になるのに
でも常識だから、今までそうだったから、変えるのが面倒だから
そんな理由で今を変えようとしない人がとても多いけど

でもその集団がたとえ5人でも10人でも1000人でも
自分が先駆ける事が出来るのならば、仲間を二人見つけるだけで
その集団のあたりまえ、常識、歴史を覆す事ができると言うことだ


どうせ自分が頑張っても何も変わらない、そう思いながらも
何かを改善しようと思うならば、仲間を二人見つけるだけ
一人で1000人を説得しなくても、仲間二人と同じことをし続けるだけ
それだけで状況は、当たり前は変えることが出来るのだ

いままで俺は状況を変えることは至難の業だと思っていた。
でもそんなに難しいことはない

まず、自分はやり続けること
その上で仲間や賛同者を二人見つけること
3人でやり続けることが出来るなら、状況は変えることが出来るのだ



 

TOPへ

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー