FAP絵日記 2008年 沖縄旅行編 その1

旅絵日記02へ→



「はじめに」


忙しかったなんて言いません。そりゃもう本当にめんどくさかったんです。


不定期更新で印象深かったことを描くことにしました。
期待しないでお楽しみください。






「わくわく」


ナオキも同じくらいはやく来てた。


落ち着け。






「清算」


空港直結してるんだし、いっそ「空港前」に改名してくれないだろうか。


おのぼりさんと呼ばれても仕方ないレベル。






「何年ぶりだ」


一度、3回くらいの質問で言い当てた時は笑った。初めの二つの質問で順番は違うが4つの数字を偶然言い当て、3回目で『KTAならこの数字の並びにするだろう』と推測した答えを言ったら見事ビンゴした。


でも地味に盛り上がる。






「その発想はなかった」


北海道に上陸する台風のほとんどは勢いが衰えているので、多くの北海道人はフルコンディションの台風に遭遇したことがない。それはつまり台風に対する対策がほとんどされていないという意味でもある。
4年前に北海道に大型台風が直撃したときは、木はなぎ倒され、電柱は倒れ、停電になり、我が家のトタンが飛んだ。(2004年9月8日の日記参照)
『正直遭遇したくはないが、体験してみたい』と私も含め多くの北海道人は思っているかもしれない。思ってないかもしれない。


KTAのポジティブさは異常






「NGワード」


NGワードと罰ゲームを設けることで、楽しいはずの旅が一転して殺伐としたものになり、スリルが増します。
またNGワード終了後も自分のNGワードを発言することに無意識の恐怖を覚え、「…あ!! ……あ。いや、そうか… NGワードはもうなかったんだ……」とビクつく効能(後遺症)があります。
オススメ!


KTAがんばれ。すごいがんばれ。あっははは。






「達人」


実際、旅の最中に改蔵が困ってる様子は特になかった。水着は持参していなかったが現地で買ったので問題なし。
最初、改蔵の荷物を見たとき私は目を疑った。「こんなんでいけるのか!?」と。
今思うと、私の荷物の多くは持っていく必要がなかった。
旅慣れない人は荷物が多くなるんだなぁと強く実感したものだ。


「ちょっと出かけてくるわ」的軽装。





「流れるような」


撮る気がないのに、OKして平然とカメラを受け取る改蔵はすごいと思う。いい意味でも悪い意味でも。
改蔵はしばしば意味不明な行動を取るので、絵日記的においしいキャラクターである。


鮮やかなスルーパス。


実際怒るようなことでもないし反抗することでもないが、特に反論もせず受け入れたナオキは大人だと思う。




旅絵日記02へ→
TOPへ

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー